粒うに発祥の地から「うに」情報を発信しています

平成28年10月20日 第58回うに供養祭を開催いたしました。

下関発祥の瓶詰うにを製造する我々組合員にとってうにはかけがえのない生き物であり

大切な資源です。

そのうにの御霊に感謝を捧げるともに、うにの豊漁を祈って供養祭を行っております。

akama

多くの来賓の方々にもご参加いただき、供養をいたします。

16kuyo2

用意したのは下関豊北町で採ったムラサキウニ約500玉

今朝、水揚げしたもので、まだ生きています。

16kuyo3

 

16kuyo4

祝詞が終わった後は、浦安の舞を奉納します。

16kuyo

全ての神事が終了したら、恒例のうにの放流があります。

お祓いをしたうにを持って、関門海峡に向かいます。

16kuyo5

そして、参列者全員で来年の豊漁を願い、うにを放流します。

 

DSC_9588

供養祭が終わった後、組合員が作った製品を

下関社会福祉協議会に寄付をいたしました。

社会福祉協議会を通じて、市内の福祉施設に配っていただきます。