粒うに発祥の地から「うに」情報を発信しています

本日、下関市吉見にある水産大学校にて魚餐の科学と文化 瓶詰めウニ塩辛の文化と加工技術という講義に招かれ話をしてきました。

当組合では水産大学校とは共同研究などを通じて、様々な意見交換や技術の検証や研究を行ってきており、その一環として、下関にある水産加工の技術を学生たちに知ってもらい、下関の水産業に興味を持ってもらおうと当組合にもお呼びがかかった物です。うに以外にもフグやクジラなどの講義があるそうです。

学生さんの中に少しでもうにの事に興味をもってくれた人がいたら大変うれしいです。

それにしても久々の大学での雰囲気と、親と子ほども違う学生たち相手に緊張した時間でした。