粒うに発祥の地から「うに」情報を発信しています

本日、下関市立大学の方が「うに資料館」設立にむけて組合にある資料を取りに来られました。
現在、市立大学にはふくとくじらの資料館がありますが、
下関のもう一つの水産品「うに」についても資料館をとのことで準備中だそうです。
いいものができればと思い、組合でもうににまつわる資料提供などの協力をしていく予定です。

あわせて、市立大学の学生さんもやってこられました。
実は粒うに発祥の地、下関ではあるんですが、その歴史的な背景や経緯などを詳しく
研究されているのがとても少ない、とのことで、これからいろいろと取り組んで行きたいと、組合を訪問されました。

そのなかで、山口県のうにを藩主に献上したとの逸話が残っているのですが、出典はわかりますか?と聞かれました。

その話は聞いたことがあるのですが、我々も出典まではわかりません。

どなたか、これを読まれた方でご存じの人はおられませんか?