粒うに発祥の地から「うに」情報を発信しています

去る平成25年9月29日(日)に

瓶詰うにを使った料理レシピコンテストの最終選考が行われました。

一次の書類を通過されました13作品を9時から作って頂き、11から審査開始。

審査委員長の水産大学の原田和樹先生を中心に厳正なる審査を行い、

最優秀賞1作品と優秀賞3作品が決まりました!

最優秀賞は

豊北町の川田さんの作品

「うに豆腐」

葛粉と甘蔗でんぷんに瓶詰うにを混ぜて固めたを豆腐にみたて、

さらに瓶詰うにと醤油を合わせたたれが掛かっています。

食欲のないこの夏に何か口当たりのいい物はないかと思い作られたそうで、

病人や年を取った方にも食べやすいと思いますとのこと。

うに豆腐

最優秀賞 「うに豆腐」

審査員の方々もうにの味がしっかり出ていてみなさん高い評価をされていました。

おめでとうございました。

続きまして優秀賞になりました3作品です。

まずは豊浦町の大石さんの作品

「うにうにライスボール」

瓶詰うにをあえたご飯にチーズや卵、青のり、醤油などで味付けしたものを丸めてあげた物です。

うにのトゲのように見えるのは素麺だそうです。見た目もうにそのものですね。

うにうにライスボール

優秀賞「うにうにライスボール」

 

続いて下関市上田中町の中川さんの作品

「うにれんこん」

れんこんの穴に瓶詰うにを詰めて揚げたシンプルな料理です。

れんこんの歯ごたえとうにの風味がおいしそうですね。

うにれんこん

優秀賞 「うにれんこん」

最後は山口市から来られた米屋さんの作品

「大好物ボール爆弾」

ちょうど高校野球を見られている時に名前が思いついたそうです。

ご飯の中にうにを竹輪、それにしいたけ、にんじん、枝豆が入っています。

大好物ボール爆弾

優秀賞 「大好物ボール爆弾」

このほか最終審査に選ばれた方の作品は以下の通りです。

下関市 正井さん「うにうにケーキ」

下関市 中尾さん「潮騒の香りのうにグラタン」

下関市 青木さん「うにのモンブラン焼き」

下関市 片山さん「うにの寒天寄せ」

下関市 岡本さん「簡単ウニ入りクリームパスタ」

下関市 永松さん「えびしんじょのウニあん」

下関市 友枝さん「UNI in 南ジェンヌ」

下関市 杉谷さん「うにチャーハン」

下関市 小俣さん「山口県地産地消プレート かんたん山口の幸プレート」

でした。

どれもとても美味しく、審査後にみなさんで試食しましたが、

みんななくなっていました。

皆様、ご参加ご苦労様でした。

lastshot

みなさんから応募のありましたレシピ、

まだまだたくさんありますので、近いうちにぜひ公開したいと思います。

しばしお待ちください。